社会の男女格差をどう乗り切るか

「男性は戦場に出て戦い女性は家を守る」、日本では昔からこの考え方が強く残っており、その影響を強く持ち合わせている方が多くいます。戦後の教育でも、性別によって分かれて教育がなされ、男性と女性で異なる教育がされてきました。ただ、この様な考え方は徐々に変わっていき、現代では男女平等の教育がされるようになってきました。こうした流れから、考え方に世代交代が起きて来る事も予測されます。

仕事の面で言うと、近年では女性の社会進出が進んでいます。女性が上の役職に就くにはまだ厳しい環境ですが、これから徐々に女性が力をつけてくることは目に見えています。男性の中には、一度就職をすれば退職まで安泰だと考え、資格などを取得する事に積極性を持たない人達が多くいます。そうした面では、転職する機会が多い女性の方が資格を勉強する傾向にあり、能力で男性よりも優位になっていく事も予測されます。

今後、社会でしっかり活躍したという女性は、企業側が求める資格を積極的に取得しておく事が大事になります。企業を運営させるにあたり、最低限必要な資格もあります。簿記なども含まれますが、特に福祉関係の資格を持っていれば重宝されます。

また、マナーに関する資格を持ち合わせておけば、面接で一般的な常識を身に付けている事をアピールする事が可能になります。女性ならではの柔らかい雰囲気を必要としている仕事はたくさんあります。そうした女性ならではの強みを活かすことが、これからの社会を生き抜くためのコツだといっても過言ではありません。そして、仕事を探す場合は人材が足りない業界についてリサーチし、狙いどころを見つけ出すのも転職のポイントです。

Leave a Reply