将来の計画プランを考えることの重要性

とりわけ20代の後半から30代にかけての女性は、結婚や出産を控えていることもあり、今の企業でしっかり雇ってくれるのかということに不安を抱くものです。企業側からみれば、結婚適齢期の年齢層の女性たちはいつ退職するかわかりません。人事を募集したり、人材を育成したりすることにもお金と時間はかかるものなので、できれば長く務めてくれる可能性の高い人を雇いたいというのが本心でしょう。そうした背景から、結婚を控えた女性たちは企業側から高いハードルが設けられています。

しかし、そんな中でも転職をたことにより自分の身を固めることに成功した人も少なくありません。成功した人は一体どのような手順で活動を進めていったのでしょうか。まず大事なのは、将来のことを考えるということです。本当に仕事を辞めて別の職業に変えた方が良いのかということを、将来的なことも含めてよく考慮することが今後を大きく左右します。5年先や10年後のことを見据えた計画を綿密に立てておきましょう。そうすることによって、転職する目的がはっきりするようになります。

目的が明確になったら、今度は譲れない点を考えてみましょう。仕事を変える際、条件が明確になっていると、先をより見通しやすくなります。また逆にやりたいことが多すぎても決められなくなってしまうので、譲れないポイントという基準でやりたいことに優先順位を決めていくとさまざまなことが明快になってきます。特に多くの人はこの譲れないポイントが曖昧になりやすく、絶対条件をしっかりと決められずに失敗してしまうことが多いため注意しましょう。

Leave a Reply